IoT, 木村 の検索結果:

SORACOM LTE-M ButtonをAzure Event Hubsに接続する

…サービスです。通常、IoTに限らず色々なデータをクラウドの色々なリソース(サービス)に送り込むときには、そのサービスへの接続方法に合わせて個別にプログラムを書くことが多いと思います。 SORACOM Funnelはこのつなぎ込みの部分をSORACOMが準備してくれていて、使う側は接続に必要な認証情報だけを入れたらあとはFunnelに向けてHTTP/TCP/UDPでデータを送り込めばOKというステキなサービスです。 各種サービスへの接続部分を作り込まないでよいという手軽さもあり…

ESP32でもDPSでAzureに接続する

…私の前回の記事では、IoT Centralに接続するために通常利用するDevice Provisioning ServiceのためのコードがESP32では動かないので、外部コマンドで接続先のIoT Hubの情報を取得していました。しかし、IoT Centralで使ってるIoT Hubは、負荷分散や障害時のフェイルオーバーなどで別のものになることがあります。そのため、IoT Hubの接続情報をマイコン内に埋め込んでしまうと、ある日突然接続できなくなり再度プログラムを修正しないと…

【週刊オルターブース】オルターブース近況まとめ~もうすぐ冬休み編~

…大活躍です。 今週はIoT番長こと木村さんが勉強会も開催してくださいました。今回の内容はIoTではなく、ネットワーク関連です。 多くのメンバーが参加し、大人気の勉強会となりました。 来年の準備も少しずつ進めています 上記のように慌ただしく過ごしているオルターブースですが、来年の準備も少しずつ進めています。 ウェビナー 先日お伝えした新年最初のウェビナーも、着々とお申込みいただいております。 本日ウェビナーバナーも完成!イベントページが華やかになりました。 お申込みはこちらです…

【週刊オルターブース】今年もあと少し!オルターブースの2021年下半期をざっくり振り返る

…お兄さんこと松村と、IoT番長こと木村がブログで賞を受賞しました。 ひと月に2人も!何という奇跡。 お2人は個人ブログだけでなく、日ごろから弊社ブログにも積極的に投稿してくださっているので、今回の受賞は日ごろのアウトプットの賜物だなと思いました。 受賞にあたり、賞品もいただいたそうですよ。詳細は下記ブログに記載しています🎁 aadojo.alterbooth.com そんなつよつよブロガー(?)のお2人はオルターブースのアドベントカレンダーでも記事を投稿していきますので、お楽…

M5Stackで環境センサーを作ってAzure IoT Centralで可視化する

…立ちました。 ここはIoT番長としては既製品を使わず自作しないとだよね・・・ということで、M5Stackを使って環境センサーを作って、Azure IoT Centralで可視化してみました。 使用するデバイス 今回は、以下のようなデバイスを使うことにしました。 M5Stack Basic 3G 拡張ボード セット M5StackはESP32というマイコンとTFTカラーディスプレイ、豊富なインターフェースを備えたデバイスです。(株)ソラコムさんが3Gネットワークにつながる拡張ボ…

【週刊オルターブース】オルターブースの近況まとめ~もうすぐ紅葉編~

…【お知らせ】弊社 #IoT番長 こと木村(@show_m001)のブログがSORACOM Arc ブログコンテスト で #優秀賞 に選ばれました🎉✨!!木村さん、おめでとうございます🎊✨▼受賞したブログ #AADOJOhttps://t.co/S9bjomBWcJ▼受賞発表 #SORACOMhttps://t.co/o192LTher4— オルターブース (@alterbooth_inc) September 9, 2021 というわけで同時期に弊社から2人もブログコンテスト…

Microsoftの認定資格と試験について

…0だと「Azure IoT Developer Specialty」だったりで、この辺りの関連が分かりにくい、結局何をどう取得してそのためにどういう試験を受ければいいのかがよく分からない・・と知人に相談されました。そこで、今回はMicrosoftの認定資格と試験の関係、そしてその受験方法についてまとめてみたいと思います。 なお、Microsoftの認定資格は多岐にわたりますが、ここでは主にAzureに関連したものについて記載します。 Microsoft認定資格について Mic…

【週刊オルターブース】子供の頃の夢はロボット博士。テクニカルアーキテクト木村さんインタビュー

…最近オルターブースのIoT番長に就任したテクニカルアーキテクトの木村さんです。 先週の週刊オルターブースで表紙を飾っていたあのお方です。 なんと2週連続で表紙を飾っちゃいます。 aadojo.alterbooth.com それではどうぞ!! 学生時代について (よしざき)「木村さんは学生時代、どんなことを考えながら、どんな日々を過ごされていましたか?」 (木村さん)「高校の時はひたすら部活(吹奏楽)に打ち込んでいました。家に帰れば中学の時に親が仕事用に買ったPCがあったので、…

【週刊オルターブース】今週のオルターブース

…うぞ!! 木村さん、IoT番長になる 今週は弊社テクニカルアーキテクトの木村さんに新たな呼び名が爆誕しました。 その名も「IoT番長」。 きっかけは先週のこじま社長のツイート。 こちらをきっかけに弊社メンバーから任命されました。 へーしゃのIoT番長すごいわー!#あつまれ未来のアーキテクト https://t.co/yHOsqXU20p— A2C@オルターブース (@techno_officer) July 1, 2021 木村さんはAADOJOに多くのIoT関連ブログを投稿…

GAした IoT Plug and Play mobile appを試してみた

…た木村です。 先日、IoT Plug and Play mobile appがGAしたので早速試してみました。 azure.microsoft.com IoT Plug and Play mobile appとは IoT Plug and Play mobile appは、iPhoneならびにAndroidで動くアプリで、スマートフォンの各種センサー(GPS、加速度など)の状態をAzure IoTHubやAzure IoT Cetralに送信するものです。公式ページの記載を借…

SORACOM Arc + Napterで安全にAzure VMにアクセスする

… (SORACOM IoT SIM に追加する場合) 88 円 (バーチャル SIM/Subscriber 単独で利用する場合) データ通信料 1 バーチャル SIM/Subscriber ごとに 1 GB あたり 22 円(上り、下りの合計) 毎月1GBまでは基本料金に含む 無料枠 1 アカウントあたりバーチャル SIM/Subscriber 1契約分の基本使用料(月額)、1GB 分のデータ通信料が無料枠 Napter 330 円 (SIM 1枚あたり、月額) 月に1度でも…

AZ-220合格への道

…格であるAzure IoT Developer Specialtyを取得するための試験です。 Azure Administrator Associate(AZ-104)と同じように、Azure IoT Developer SpecialtyはAZ-220の合格のみで取得できます。IoT分野の認定資格Associate/Expertの区別なく、このSpcialtyの1つだけです。 AWSでいうと同じSpecialty(専門知識)の分野に相当しますが、AWSはまだIoT Spec…

AZ-104合格への道

….microsoft.com ただ、2月に期限を迎えるバウチャー(Build2020で取得したもの)には流石に間に合わない気がするので、2月は既に勉強を進めていたAZ-220を受験して、Azure IoT Developer Specialtyの取得にチャレンジしようかなと思っています。 docs.microsoft.com まとめ 以上、私のAZ-104受験記でした。出題に関することはあまり記載できませんでしたが、勉強に使った資料など今後受験される方の参考になれば幸いです。

SORACOM LTE-M ButtonをAzure IoT Centralに接続する

…ぎ、次にAzure IoT Hubにつなぎました。本記事は第3弾として、Azure IoT Centralに接続してみます。 Azure IoT Centralとは Azure IoT Centralは、デバイスの接続や認証、監視、可視化、ワークフローなどを提供するSaaSです。 内部的に言うとIoT Hubでデバイス接続を管理していますので、IoT Hubに接続できるデバイスなら勝利は目前・・と見せかけて結構大変です。 IoT Centralの設定 まずはIoTCentra…

SORACOM LTE-M ButtonをAzure IoT Hubに接続する

…tonをAzure IoT Hubに接続してみたというお話です。SORACOM LTE-M ButtonならびにそれをAzure Functionsにつなぐという記事を先日公開していますので、まずはそちらを一読していただけますと幸いです。 aadojo.alterbooth.com なお、今回も記事中で「ボタン」と書いた場合は「SORACOM LTE-M Button for Enterprise(しろボタン)」または「SORACOM LTE-M Button Plus(ひげ…

SORACOM LTE-M ButtonをAzure Functionsに接続する

…社ソラコムの提供するIoT通信プラットフォームです。ちなみにカタカナで書いた「ソラコム」は会社の名前、アルファベットで書いた「SORACOM」はサービスの名前となります(豆知識)。 SORACOMとは一体どういうサービスで、どういうところが良いのか・・・を話し始めるとそれだけで1記事になってしまいますのでここでは省略します。 SORACOM LTE-M Buttionとは そんなSORACOMのサービスの中で、私のお気に入りのサービスの一つが「LTE-M Button」です。…

Azure FunctionsのCosmos DB入力バインドでSqlQueryを使う時の便利技

…と思います。 例えばIoT Hubに登録した「myDevice」というデバイスからのメッセージをEventGridを経由して関数アプリを起動する場合、渡されるJSONを抜粋するとこんな感じになってます。 { "id":"....", "topic":"............", "subject":"devices/myDeviceId", "eventType":"Microsoft.Devices.DeviceTelemetry", "data":{ "properti…